美味しい花咲ガニ・ズワイガニの選び方、食べ方などの情報を紹介します。

花咲ガニ・ズワイガニの選び方、美味しい食べ方

花咲ガニは熱を加えると花が咲いたように鮮やかな赤になるところから、その名がついたといわれています。ズワイガニは松葉ガニや越前ガニなどのブランドが有名ですね。ここでは花咲ガニとズワイガニの特徴や選び方、美味しい食べ方についてご紹介したいと思います。

 

◇花咲ガニの特徴と選び方

花咲ガニの選び方・食べ方

花咲ガニはタラバガニに近い種類で、タラバガニと同じくヤドカリの仲間に分類されます。

 

タラバガニほど大きくなく、甲羅は逆ハート形をしています。タラバガニよりも体のとげが長くて、太くて短い脚をしています。花咲ガニはえりも岬から納沙布岬にかけての太平洋と根室半島北側のオホーツク海に分布していて、漁期は4月〜9月です。美味しい花咲ガニを購入するなら、カニの旨味成分と甘味成分が増す9月がベストです。

 

◇花咲ガニの美味しい食べ方

花咲ガニはゆでてそのまま食べるほかに、チャーハン、カニ鍋、てんぷら、サラダに使っても美味しいです。また、流通量は少ないのですが花咲ガニのメスには内子と外子(卵巣と卵)が入っていて、その濃厚な味は、カニ通に人気があります。わさび醤油をかけて食べてもおいしいです。一番有名なのは、花咲ガニの脚をぶつ切りにして味噌汁に入れる「鉄砲汁」です。

 

◇ズワイガニの特徴と選び方

ズワイガニの選び方・食べ方

 

ズワイガニはタバラガニに比べると小さめで足は細く、味は繊細で甘みが強いのが特徴です。ズワイガニには松葉ガニや越前ガニなどのブランドで売られています。ちなみに松葉ガニと越前ガニはどちらもズワイガニのオスです。

 

ズワイガニのメスは 地方によりコッペ、セコガニ、オヤガニ、コウバコなどと呼ばれています。メスはオスよりもかなり小ぶりです。ズワイガニは日本海、オホーツク海、北太平洋沿岸域などに生息しています。現在では、カナダ、アラスカ、ロシア、北朝鮮からも輸入されています。ズワイガニに似たカニにオオズワイガニというのがありますが、見分け方は両眼の間の口に近い部分の形が、ズワイガニが水平なのに対してオオズワイガニはM型になっています。

 

ズワイガニの甲羅には黒いぶつぶつしたものがついていることがありますが、これはカニビルの卵で、魚に寄生するヒルでカニの堅い甲羅に産卵します。脱皮を何回も繰り返しているカニの甲羅は固いのでヒルも産卵しやすいんです。脱皮を何回も繰り返しているということはそれだけ大きくなっているということで、身入りがよくなっています。ズワイガニを選ぶ時の目安にしてください。

 

◇ズワイガニのおいしい食べ方

カニ通販でボイル冷凍のズワイガニを購入した場合は、解凍後、サラダやピラフ、グラタン、春巻き、かに玉汁などの具として使ってもおいしく食べることができます。また、茹でずに冷凍されたズワイガニの場合は、カニしゃぶや焼きガニにして食べるとズワイガニのうまみと甘みを十分楽しめます。

【花咲ガニ・ズワイガニ編】美味しいカニの選び方・食べ方などの情報関連ページ

たらば蟹・毛がに
たらばがに、毛がにの選び方・食べ方・調理方法を紹介します。美味しく食べて満足しましょう!美味しく食べれば食卓の会話も広がり楽しく食べられること間違い無し。
お鍋に入れるかにの種類とその特徴
お鍋に入れることもあるかに。切り方や人気の簡単レシピがわかるページです。これらを参考にしてオリジナルの鍋を作ってもよし、そのまま真似てもよし。カニ鍋はだしが出て美味しいですよ!
訳ありのかにについて
激安でお得な訳ありのカニってどういうふうに見分けてどこから購入したらいいのかがわからないという方におすすめの訳ありのかに購入方法をお教えします。失敗しない上手な商品の購入方法やサイトの選び方などを紹介。
かに鍋に入れる具材
かに鍋にいれたら美味しい!という具材の紹介です。プロオススメの食材から主婦・カニ好きの方からの紹介で独自にプロデュースしています。蟹鍋を作るときの参考にしてください。
かにの食べ方
蟹は美味しいけど食べにくい!と思う方沢山いますよね。そこで簡単に食べられる方法を紹介しています。スプーン?素手?カニのプロやかにマニアの方からの必殺技を紹介。これで簡単にかにが食べられます。